イオンバーク

 

イオンバークとは

ちゅうもくイオンバークは、木材の製造プロセスから生まれた、自然に優しく、なおかつ注入されたイオンにより地温を上げることで効率的に農作物を育てることができる堆肥です。

さらに「ケイエヌ菌」の使用により、土中の塩度が過多になりません。農業を営む方々も、園芸をたのしむご家庭でも、また、住んでいる土地の土の質も選ばず、植物を良く育てることができる優れた堆肥です。

uekibachi21

※「ケイエヌ菌」とは 有限会社若葉(愛知県豊田市)/神谷 成章氏が特許を取得した「有機廃棄物堆肥化およびそれに使用する装置(特許公開2001-19580)」における、脱臭処理が不要な新しい有機廃棄物堆肥化処理方法を実践するための解決手段として発生するもの

※当社のイオンバークは、3年位前より杉・桧の樹皮を原料とし神谷先生(ケイエヌ菌群発明者及び特許者)の指導のもと各種の有用菌群(高熱好光菌を含む)で短期間に腐食ではなく発酵炭化(約100℃前後で炭化)し、粉砕選別して、販売をしている。完全な有機で活性化炭素素材(カーボン資材)です。

ionnba-ku3

このバークは、製造過程でバーク内温度が80℃~100℃位で約6ヶ月続くのでその間樹皮等(有機物)の雑菌等を死滅させる。また、各種の有用菌微生物群で樹皮(バーク)内のリグニン、タンニン等を分解、除去させてしまうため植物に対して無害化となる。又この菌群の中には、好塩菌も入っているので、塩分(EC)濃度を下げる役目もある。

 

イオンバーク特徴

■ ちゅうもくイオンバーク6つの特長
 1.よい土でよい根が育つ
yasai
 2.植物にとってバランスのよい肥料
 3.収穫が増える
 4.元気に生長したおいしい野菜
 5.自然に還るやさしい肥料
 6.塩害を回避する
 

使い方

◇ 田・畑・農園・家庭菜園・花壇等

3.3㎡(1坪)当たり1/2~1袋(15ℓ~30ℓ) 耕作面積に対して施肥料のイオンバークを土と混ぜて深耕してください。

uekibachi1

◇ 果樹・樹木

幹まわり2m位に図のようにイオンバークを厚み3~5cmになるように 均一に広げる、その上から米ぬかを振りかけるとさらに良い。

 

肥料取締法

肥料の名称ちゅうもくイオンバーク
肥料の種類 たい肥
届出をした都道府県  大分県
表示者の氏名または住所株式会社日田中央木材市場セイショウグループ
正味重量  30ℓ
主要な成分の含有量等
(乾物あたり)
窒素    0.75%
リン酸   0.63%
加里    0.14%
炭率    45.3
炭素    34%
石灰    1.75%
EC(塩) 0.2ms/cm
水分含有量 42.8

ionnba-ku
原料杉・檜の樹皮 
 

商品説明

※詳しくは下記のPDFをご覧ください。

Adobe PDF file icon イオンバークチラシ(変更29.9.27)

Adobe PDF file icon キラ農法チラシ(変更28.5.26)

Adobe PDF file icon キラ農法チラシ2(変更29.1.23)

商品名/商品画像内容量・価格/商品説明

ちゅうもく
イオンバーク

40L850円
バーク袋写真・連作障害を回避し、地温を安定させ、根域環境を良くします。
・pH4~5で完全なる有機の活性化炭素資材である為、若葉2号(液肥)との組合せで、センチュウ・スリップス等の虫の卵がなくなる。又、土壌の悪玉菌もなくなり、善玉菌が多くなり土中がふっかふっかになる。

キラエース

25L

2200円
キラエース袋・多量の酵素、ビタミン、ミネラルによって種子の発芽を促進し、細菌を若くし、根の張りと伸長を促進する。
・窒素、リン酸、加里を主としたカルシウム、苦土、珪酸、石灰、マンガン、鉄、モリブデン等の微量要素がバランスよく含有される。

若葉の里2号

18L
2L
500ml
11000円
2000円
500円
若葉2号2L・光合成微生物と、トウモロコシの澱粉を発酵菌に植え付けて発酵させた濃縮液。
・土壌のPHを調整し、燐酸、カルシウム、マグネシウム、珪酸の吸収を高め、土壌中の悪玉菌が減少。

アルファグリーン

18L9800円
アルファ・苗浸水/葉面散布/土壌潅注と多くの使い方ができる資材。糖度が高まり、うま味、コクが増す。
・可溶性たん白、アミノ酸、糖度、乳酸、ビタミン、フィチン、無機物、未知成長因子等が含まれており、有機総合栄養源として有用なアミノ酸総合栄養液。

酵母エキス3号

1L3000円
酵母・光合成によって出来るデンプンを変換する力が増大し品質もよく増収につながる。
・植物に必要な栄養素を葉面より吸収できるように研究開発したアミノ酸総合栄養素の葉面散布液です。
・果実の肥大が進み糖度が上がる。稲、麦、大豆には、花芽の着花がよく、根張りがよくなり増収出来る。